愉快な“病人”たち

元衆院議員 与謝野馨さん(76) 下咽頭がん ㊤

与謝野馨さん(C)日刊ゲンダイ

下咽頭がんを公表したのは2年前。4回目の手術で声を失うことになった時でした。主治医の国立がんセンター名誉総長、垣添忠生先生に「声が出なくなるので、もう隠さなくていいです」と申し出たのです。

 39歳から4つのがんと付き合い、再発を繰り返しながらも、医師の方々のサポートのおかげで実に33年、がんを隠し通して、政治家として活動してきました。

 最初のがんは初当選から10カ月後。議員になり個人的なかかりつけ医をお願いしてすぐのことでした。足の付け根が腫れ、ゴリゴリした“しこり”が見つかり、さまざまな抗生物質を飲んでも変わらないので精密検査をしたら、血液のがん(悪性リンパ腫)が見つかった。余命2年。今と違い、当時は「がん=死」だと思われていた時代でした。でも、病気を公表したら政治生命に関わる。ましてや「がん」なんて絶対口にできない状況でした。

1 / 4 ページ