愉快な“病人”たち

漫画家 まつもと泉(55)さん 脳脊髄液減少症 ㊦

まつもと泉さん(C)日刊ゲンダイ

〈前回の内容〉
 1999年、原因不明の不定愁訴に襲われる。以来5年、あちこちの病院に行っても原因が分からず、引きこもり状態に。

 脳脊髄液減少症という病名が判明したのは、2004年、45歳の時でした。姉が新聞の記事を持ってきたのです。私はネットで脳脊髄液減少症患者のためのNPOを見つけ、赤坂の山王病院を紹介してもらいました。

 ここで治療を受け始め、脳脊髄液減少症の原因が、3歳の時のひき逃げ事故にあることが分かりました。交通事故の経験はないかと聞かれ、思い出したのです。

 あれはちょうど春の花見シーズン。父と実家の向かいにある公園に花見に行った帰り、信号機のない横断歩道を渡る時、子供用の横断旗を持って歩いていたのにもかかわらず、自動車によるひき逃げに遭ったのです。

 親も楽観視して、知り合いの泌尿器科に1、2週間入院しただけ。事故で右側頭部を強打し、右耳は難聴、物心ついたときから虚弱体質。低学年のころは急に不眠に襲われることもありましたが、それも脳脊髄液減少症のせいだったのかもしれません。

1 / 3 ページ