早逝の黒木アナにも症状…がんのリスク因子「鳥肌胃炎」とは

ピロリ除菌で対策を(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

「ピロリ菌を除菌すれば、1年ほどで胃の表面にあるブツブツがなくなって平らになり、鳥肌胃炎から萎縮性胃炎に変わっていきます。除菌に失敗するケースもありますが、3回行えば100人中99人は成功するので、1度失敗してもあきらめないでください。中高生も5%がピロリ菌感染していて、鳥肌胃炎になっているケースもある。早い段階で除菌することが大切です」(江田氏)

 古い知識しかない医師の中には、鳥肌胃炎が見つかっても〈女性によく見られる胃炎だから心配ない〉などと放置してしまう場合があるという。

 自分の身を守るためにも、信頼できる医師を選びたい。

4 / 4 ページ

関連記事