医療数字のカラクリ

「余命6カ月」の本当の意味

 医師ががんの患者に対し、「余命6カ月です」などと説明する場合があります。今回はこの「余命6カ月」という説明について、これまで使ってきた指標を用いながらさまざまな角度から考えてみたいと思います。

 そもそもこの6カ月という数字は「平均値」なのか「中央値」なのか、それともそれ以外のものなのでしょうか。

 この値が平均値、中央値だったとしましょう。平均気温ぴったりの日なんてそうはないというのと同じように、余命6カ月と言われた患者の多くは、案外6カ月では死なず、2カ月だったり、10カ月だったりします。6カ月という数字が、信頼のおける優れた研究の結果であったとしても、単なる平均値、中央値を示すにすぎません。その現実からすれば、平均余命の数字は個々の患者にとっては、ほとんどあてにならない数字というふうに言えるかもしれません。もし、この6カ月が「90%の人が亡くなる90パーセンタイル」という数字だったらどうでしょう。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。