医療用語基礎知識

【直接死因と原死因】死亡診断書には複数の死因が書かれる場合がある

 がんに限らず、全国レベルで死因と死亡数・死亡率を集計したものを「死亡統計」と呼んでいます。厚労省が集計を行い、2年遅れで公表されます。いま最新の数字は2013年のものです。

 公表に時間がかかるのには理由があります。死因は、死亡診断書に基づいて集計されるからです。ご存じのように、人が亡くなると、医師が死亡診断書を書く決まりになっています。その際、医師は医学的判断に基づいて死因を記載するのですが、死亡診断書は通常は手書きですから、そこから死因を拾い上げ、デジタル化して集計するには、かなりの手間と時間を要するのです。

 ところで死亡診断書には、複数の死因が記載されることがあるのをご存じでしょうか。多い人では3つないし4つも書き込まれています。

 実は死因は、「直接死因」と「原死因」に分けて書くことになっています。たとえばインフルエンザをこじらせて、肺炎を発症して亡くなったとします。この場合、直接的な死因は肺炎です。しかし肺炎に至った原因はインフルエンザです。そこで直接死因として肺炎、原死因としてインフルエンザの両方を記載することになるのです。

1 / 3 ページ

やなぎひさし

国立大学理工学部卒。医療機器メーカーの勤務を経てフリーへ。医療コンサルタントとして、主に医療IT企業のマーケティング支援を行っている。中国の医療事情に詳しい。