医療用語基礎知識

【がんの年齢調整死亡率】1960年代から減少傾向へ

 前回、年齢調整罹患率でみると、がんにかかるリスクは横ばい、ないし減少傾向にあることをお話ししました。では、死亡数や死亡率はどうでしょうか。

 いうまでもなく、がんで亡くなる人の数は増え続けています。2000年に29万5000人だったのが、2013年には36万5000人に達しています。しかし、高齢化が進んだ結果、がん以外で亡くなる人も急増しているのです。そこで全ての死に占めるがん死の割合を調べてみると、ずっと30%前後で推移してきたことが分かります。むしろ最近では少し下がりつつあり、2013年には28%になっていました。

 報道などを見ると、がん死だけが際立って増えているような印象を受けますが、それは単なる錯覚にすぎません。厚生労働省や生命保険会社は「3人に1人はがんで亡くなる」と言っていますが、少し大げさ過ぎます。むしろ数年後には、「4人に1人」と言い直すことになりそうな情勢です。

1 / 3 ページ

やなぎひさし

国立大学理工学部卒。医療機器メーカーの勤務を経てフリーへ。医療コンサルタントとして、主に医療IT企業のマーケティング支援を行っている。中国の医療事情に詳しい。