医療数字のカラクリ

食事・運動療法は無理せず長く続けることが大事

 薬のことばかり取り上げてきましたが、糖尿病の治療はまず食事・運動です。すべての糖尿病患者に食事・運動療法が勧められます。薬の治療は一部にすぎず、薬で治るわけではありません。今回は糖尿病の食事・運動療法についての意外な研究結果をお示ししましょう。

 この研究は肥満のある糖尿病患者を対象として、週1回の個別のプログラムによる集中的な食事・運動療法を行うグループと、年3回のグループを比較して、心筋梗塞や脳卒中の発症率を比べています。その結果は意外なものでした。

 集中的な支援をするグループとそうでないグループで、それぞれの合併症の発症率は年率1・83%と1・92%と、両群でほとんど同じという結果です。研究開始直後には、集中的な治療を行うグループの方が、体重が減り、HbA1cの値も大きく改善します。しかし、その差は徐々に縮まり、5年、10年の単位ではほとんど同じとなり、合併症の発症率もどちらも年率2%弱なのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。