医療数字のカラクリ

血糖より血圧とコレステロールの低下が大切

 コレステロールについても同様です。UKPDSのグループからの報告ではありませんが、コレステロール降下薬スタチンを使うと、4・1%の合併症を3%に減らすという報告があります。

 糖尿病患者は血糖に気を取られがちですが、実際の数字を見ると意外なことがわかります。血糖以上に、血圧やコレステロールの治療が大事なのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。