医療数字のカラクリ

DPP4阻害薬の効果 ニセ薬と比較して差がないから安全ってなに?

 糖尿病の飲み薬で今、最も売れているのは、DPP4阻害薬という薬です。「ジャヌビア」「オングリザ」「ネシーナ」「エクア」などさまざまな名前の薬があり、とても覚え切れません。

 こんなに似たような薬を何種類も出す必要なんかないわけですが、糖尿病はたくさんの患者がいるので、多くの種類があって競合しても、それなりに売れてそこそこ採算が取れる。メーカーにとってはいい薬であるわけです。

 このDPP4阻害薬の効果について検討した研究があります。私には計画の段階で意味が分からない研究です。というのも、これまでの治療にDPP4阻害薬を追加し、偽薬であるプラセボと比較して差がないことを検討した研究なのです。

 1錠何百円もする薬がニセ薬と同等の効果であることを検討する研究というのが、倫理的に許容されるというだけでびっくりです。

 さらに、その結果と世の中への伝わり方も驚くべきものです。脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患については、DPP4阻害薬で治療した群で7・3%、プラセボ群で7・2%、相対危険は1と、当初の予想通り差がないという結果です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。