医療数字のカラクリ

遺産効果の実態 80歳までは変わらない

 前回はUKPDS80(英国前向き糖尿病研究80)という論文の結果を紹介しました。新規の糖尿病患者では、最初15年の厳しい治療がその後も“遺産効果”として継続し、25年後に寿命の差として表れてきたという内容です。今回は、そこで示された死亡に対する遺産効果について詳しく見てみましょう。

 25年後の研究終了時の死亡率で見てみると、当初15年、インスリンとスルフォニル尿素で厳しい治療をしたHbA1c7%のグループでは約60%が死亡、それに対しHbA1c8%の緩い治療のグループでは、約70%が死亡という結果です。

 この数字からすると、HbA1c7%を目指す厳しい治療の寿命延長効果は明らかなように思われます。

 しかし、この差を論文のグラフで見てみると違った側面が見えてきます。両群のグラフを見ると、最初の20年まではほとんど重なっています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。