医療数字のカラクリ

インスリンはがんを増やす!?

 糖尿病患者でがんが多いという事実は、糖尿病そのものによるものと、糖尿病で使われる薬によるものの両方の可能性があります。今回は、薬の種類によって糖尿病とがんの関係がどう異なるかについて検討した研究を紹介しましょう。

 この研究では、6万人以上の糖尿病患者さんを、「メトホルミンのみで治療」「スルフォニル尿素のみで治療」「両者で治療」「インスリンで治療」の4つのグループに分けて、がんとの関係を見ています。

 その結果は、メトホルミンのみで治療をしたグループでがんが最も少なく、スルフォニル尿素で治療をしたグループではその1・36倍、メトホルミンとスルフォニル尿素の両方で治療したグループで1・08倍、インスリンで治療したグループで1・42倍、がんが多いというものでした。

 合併症予防の点でも他の治療に勝るメトホルミンが、ここでもがんが少ないという、いい結果です。合併症を予防し、がんが少なく、値段が安いというわけですから、まずメトホルミンを使うのが第一ということは、ここでも示されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。