医療数字のカラクリ

4つのがんでリスクあり

 乳がんについては糖尿病がない人に比べて1・2倍ほどがんになる危険とがんによる死亡リスクが高く、胆管細胞がんは1・97倍かかりやすく、大腸がんでは1・27倍なりやすく、1・2倍死ぬ危険が高いという結果です。子宮内膜がんについてはそれぞれ1・97倍かかりやすく、1・23倍死ぬ危険が高いとなっています。

 糖尿病の患者さんのがんの増加原因に関しては、糖尿病そのものが原因になっているというだけでなく、糖尿病で使われる薬との関係も疑われています。この点からいっても、あまりに厳しい血糖治療は、いい面ばかりではないかもしれないのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。