医療数字のカラクリ

糖尿病の薬で寿命が延びないワケ

薬で厳しく糖尿病治療をしても寿命を延ばす効果がない、あるいは寿命を短くするかもしれないことが、多くの研究で示されています。なぜそんなことになるのでしょう。

 ひとつは低血糖です。人の生命活動のエネルギー源である、血液中のブドウ糖の量が減る状態を低血糖といいます。異常な空腹感の後に動悸・震えの症状が出たり、ひどいと中枢神経の働きが低下。昏睡状態から死に至ることもあります。

 薬による厳しい糖尿病治療は深刻な低血糖を2~3倍増加させることが複数の研究により示されています。

 低血糖は糖分を補給しないと死につながる怖い副作用です。薬で血糖を下げることによる寿命延長の効果を副作用である低血糖が相殺してしまったり、逆に死亡を増やしたりしているのかもしれません。

 しかし、ACCODO研究(HbA1c6%という正常値を目指して厳しい治療をしたグループで20%死亡が増加した)では、重症の低血糖によって死亡が増えたとは説明できないとの結果でした。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。