医療数字のカラクリ

薬の追加は逆効果 死亡率が跳ね上がった

インスリンの効果を促進するメトグルコの合併症予防効果を明らかにしたUKPDS33(英国前向き糖尿病研究33)では、もうひとつ別の検討がなされています。

 最初に「スルフォニル」尿素(商品名ダオニール、アベマイド)という血糖を下げる薬で治療された患者のうち、十分な効果が表れなかっ
た患者さんに、メトグルコを追加すると合併症はどうなるかをみたものです。

 その結果は意外なものでした。糖尿病に関連した死亡は、積極的な薬の治療を行わないか、スルフォニル尿素だけを使ったグループで年率0・86%。一方、メトグルコ追加群では年率1・68%でした。追加群は相対危険で1・96倍多く、死亡全体でも1・6倍多いという結果だったのです。

 つまり、メトグルコの追加は効果があるどころか有害で、メトグルコは第1選択として使った場合にのみ効果があるというわけです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。