医療数字のカラクリ

「相対的に合併症が減った」という指標の意味

UKPDS33(英国前向き糖尿病研究33)では、糖尿病の全合併症が年率4・6%から4・1%に減ったという結果でした。

 この2つの数字からさまざまな治療効果の指標が計算されます。

 まず割り算をしてみます。4・1%÷4・6%=0・89となります。この割り算の指標を相対危険といいます。対照治療を基準にして、相対的に合併症がどれだけ減ったかを示した指標という意味です。対照群で起こる100の合併症が治療群では89に減るというわけです。

 さらにこの相対危険を1から引いたものを相対危険減少と呼びます。相対危険の減少分がどれくらいかというわけです。すなわち1-0・89=0・11、つまり11%合併症が減ったというのです。

 それでは今度は引き算してみましょう。4・6%-4・1%=0・5%となります。この0・5%を絶対危険減少といいます。割り算の指標では、合併症は11%減るということになるのですが、引き算の指標では0・5%減るに過ぎないということになります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。