医療数字のカラクリ

血糖コントロールは緩くてもいい

 先週ご紹介したUKPDS33(「英国前向き糖尿病研究33」)をもう少し詳しく見てみましょう。この研究は血糖正常化を目指して厳しく血糖コントロールを目指すグループと、それほど厳しくコントロールしないグループが比較されていて、治療を全くしないグループとは比較されていません。糖尿病は放っておいても大丈夫、という結果ではないわけです。

 実際には、厳しくコントロールするグループでのHbA1c(血糖の平均値を表す指標、6・5%以上が糖尿病)は7%、緩いコントロールの方は7・9%でした。7・9%の緩いコントロールでは100人に合併症が起きるところ7%まで厳しく治療をすると88人まで減るという内容です。

 では、緩いコントロールでHbA1cが8%くらいの人は、1年後に何パーセントくらいが合併症を起こしているのでしょうか。実は4・6%に過ぎません。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。