医療数字のカラクリ

「100の合併症が88に減る」は厳しい治療に見合うものなのか

 1995年の熊本研究に続いて、98年に新たな糖尿病の研究報告が行われました。血糖を集中的に下げて、糖尿病の合併症全体をどれほど予防できるかを検討したランダム化比較試験で、イギリスから報告されました。

 これはUKPDS33と呼ばれる研究です。日本語にすると「英国前向き糖尿病研究」という感じでしょうか。

 33というのは、このUKPDS研究が発表した33個目の報告という意味です。

 この結果を大ざっぱに表現すれば、「糖尿病患者の血糖を集中的にコントロールすると、糖尿病の合併症全体が予防できる」というものでした。「予防できる」と聞くと、合併症が“半分くらいには減る”、あるいは“ほとんど起きなくなる”と感じられる人もおられるだろうと思います。

 実際はそうではなくて、研究で示された数字は、100ある糖尿病のすべての合併症が88に減るというものでした。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。