耳鼻科の病気

鼻水を「かむ」「すする」リスク

 花粉症で鼻がグズグズして、鼻水が止まらない。そんなとき、鼻をやたらにかむ人がいますが、やり方に気をつけましょう。鼻をかむときは、必ず片方ずつかみます。両方一気にかむと、細菌やウイルスのいる鼻水を中耳に送り込み、中耳炎になってしまいます。

 かむときの力もほどほどにしなければなりません。鼻をかむときに起こるジェット気流が、耳と鼻との間にある耳管をびゅんと通り鼓膜の中の耳の組織を壊してしまうことがあるからです。ひどいとめまいや難聴が続き、入院での治療が必要になることがあります。

 正しい鼻のかみ方は以下の通りです。
①一方の鼻を押さえて、片方ずつゆっくり行う
②鼻水を押し出すために、しっかりと口から息を吸って準備
③かむ瞬間は口は閉じたまま、息をこらえる
④強くかみすぎない

 一方、よく見かける間違った鼻のかみ方は次の通りです。

1 / 2 ページ

大場俊彦

慶應義塾大学大学院博士課程外科系終了。医学博士甲種日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本レーザー医学会認定専門医。日本気管食道科学会認定専門医。米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会フェロー。国際レーザー専門医。厚生労働省補聴器適合判定医・音声言語機能等判定医。日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴判定医・補聴器相談医。