耳鼻科の病気

変異しやすく感染力が強いインフルエンザウイルスが大流行

 例年より早めに流行が始まったインフルエンザですが、患者数はまだかなり多い状態です。

 インフルエンザはウイルスによる感染症で、ウイルスの構造の違いによりA型、B型、C型の3つに大別されます。流行を起こすのは主にA型とB型で、A型はソ連型と香港型に分かれます。2009年まではA型(ソ連型、香港型)とB型の3つのインフルエンザが多かったのですが、2009年春以降は、豚を起源とする「ブタ由来インフルエンザ」が出現、免疫を持たない新型として、世界中に流行しました。いわゆる「新型インフルエンザ」です。

 では、今年はどの型のインフルエンザが流行しているのでしょうか。

 東京都感染症情報センターによると、1月5~11日のインフルエンザ患者報告数は9806人、12~18日は8198人です。定点医療機関から送られたインフルエンザウイルス陽性140検体のうち、香港A型134、B型6でした。つまり、今年は香港A型の年というわけです。

1 / 2 ページ

大場俊彦

慶應義塾大学大学院博士課程外科系終了。医学博士甲種日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本レーザー医学会認定専門医。日本気管食道科学会認定専門医。米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会フェロー。国際レーザー専門医。厚生労働省補聴器適合判定医・音声言語機能等判定医。日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴判定医・補聴器相談医。