耳鼻科の病気

アレルギー性鼻炎はレーザーかラジオ波か

 先週もお話ししましたが、日本では、花粉症などのアレルギー性鼻炎の手術といえばレーザー手術が一般的です。ところが米国では
「高周波ラジオ波」による治療が普及しています。

 これは高周波ラジオ波発生装置で発生させた低エネルギー高周波で、皮膚を切開したり、患部を凝固させる治療法です。具体的には、鼻の粘膜下に微細電極を差し込んで粘膜下の組織を凝固させて鼻の通りを良くし、アレルギー反応を起こしにくくします。

 その効果はアレルギー性鼻炎にとどまらず、いびき・睡眠時無呼吸症候群に対しても認められています。

 実際、米国の睡眠医療のメッカであるスタンフォード大学睡眠障害センターで、いびきの原因となる閉塞性睡眠時無呼吸症候群に関して高周波を利用した報告があり、いびき・睡眠時無呼吸症候群に対しても有効だと報告されました。

1 / 2 ページ

大場俊彦

慶應義塾大学大学院博士課程外科系終了。医学博士甲種日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本レーザー医学会認定専門医。日本気管食道科学会認定専門医。米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会フェロー。国際レーザー専門医。厚生労働省補聴器適合判定医・音声言語機能等判定医。日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴判定医・補聴器相談医。