漢方達人をめざせ!

花粉症と便秘

 でもレントゲンで、私の思っている“ベストな状態の大腸”ではなかったことが判明。それ以来、食物繊維を多めに摂取したり、大腸の状態をよくする乳酸菌を飲んだりして、大腸の調子を整えることに気を配っています。そして今は、花粉症もうまくコントロールできています。

 東洋医学と西洋医学をうまく融合できれば、よりよい医療になることを、改めて実感しました。

2 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。