有名病院 この診療科のイチ押し治療

【慢性疲労症候群】 静風荘病院・女性外来(埼玉県・新座市)

静風荘病院の天野恵子特別顧問と和温療法に使われる医療用サウナ(提供写真)

 突然、原因不明の激しい疲労感に襲われ、体の痛み、思考力の低下、睡眠障害などの多彩な症状が持続する「慢性疲労症候群(CFS)」。国内の推定患者は24万~38万人といわれ、約3割がほぼ寝たきり状態でいる。

 問題は、この難病をきちんと理解し、診療できる医師が国内ではごく少数だということ。しかも、確立された治療法もない。同外来を担当する天野惠子医師(同院特別顧問=写真)が言う。
「来院されるCFSの患者さんは、皆さん『やっと私のことを理解してくれる先生に出会えた』といいます。発症から20年以上たって『はじめて効果のある治療法に出合えた』という方もいます」

 CFSの治療は、漢方薬やビタミンCが使われることが多い。海外では、認知行動療法(心理療法のひとつ)や段階的運動療法なども行われているが、どれも効果は確実ではなく、悪化を抑える程度にとどまる。

1 / 4 ページ