医療数字のカラクリ

あてにならない「余命宣告」

 今回は肺がんを例に、実際の生存率を見ていきましょう。

 進行肺がんのうち、他の臓器に転移があるようなステージⅣと呼ばれる最も進行したグループの生存率を見ると、生存期間の中央値が6カ月、平均が7カ月というところでしょうか。

 半分は6カ月以内に亡くなり、半分は6カ月以上生き、その中には2年、3年と生きる人もいるが、90%の人が1年半以内に亡くなります。ただ、1年半以上生きた人の生存曲線は平坦に近くなり、“意外に死なない”といっていいかもしれません。

 しかし、5年以上生きる人は数%に満たないということも示されています。

 結局、データを忠実に読み込んでいくと、「個々の患者さんがどうなるかはわからない」ということがわかります。平均値や中央値をもってして「あなたの残された時間は○カ月です」という説明は、ほとんど意味を持ちません。平均値を聞いたところで、残された時間は平均より短いかもしれないし、かなり長いかもしれない、というだけなのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。