家計簿を見れば病気がわかる

牛肉消費が多い関西 鶏肉は九州と中国

(C)日刊ゲンダイ

 肉には、筋肉や骨を作るのに必要なアミノ酸や、体調を整えるビタミン類が豊富です。肌を健康に保ち、免疫力を高め、ストレス耐性を高めるなど、さまざまな健康効果が報告されています。そのため、「(食の細い)高齢者こそ肉を食べた方がいい」という意見もあります。果たして、どの県民がどれくらい肉を食べているのでしょうか。

 家計調査には、牛・豚・鶏などの「生鮮肉」と、ハム・ソーセージ・ベーコンなどの「加工肉」の購入量が記載されています。生鮮肉の購入金額と購入量の上位10県、下位10県を表にしました。

 金額的には和歌山が1番ですが、量で見ると、福岡県民が最も肉を食べています。最下位は群馬県民で、福岡県民のわずか6割しか食べていません。

 全体的に見て、生鮮肉の消費は西日本で多く、関東や東北では少ない傾向にあります。また京都や大阪は、金額では上位ですが、量ではベスト10にすら入っていません。それだけ単価の高い肉を食べているのでしょう。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。