天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

劣化が早い生体弁と血栓ができやすい機械弁

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ


 大動脈弁狭窄症で弁を人工弁に交換する手術を勧められています。人工弁には生体弁と機械弁の2種類があるようですが、どちらにしたらいいでしょうか。(40歳・男性)


 大動脈弁狭窄症は、血液を全身へ送り出す心臓の大動脈弁が石灰化して開きにくくなる疾患で、重症化すると突然死に至るケースもあります。悪くなった弁を完全に治すためには、弁を切り取って取り換える「人工弁置換術」という手術を行います。

 ご質問にあるように、現在、日本で使用できる人工弁には、大きく分けて「生体弁」と「機械弁」の2種類があります。他に合併症があるなどの問題がない場合、患者さんは、どちらの弁を希望するか選択できるのが一般的です。最近は、弁置換術を受ける患者さんの7割くらいは「こちらの弁を使ってほしい」とはっきり伝えてくるようになっています。ただし、自分で納得したうえでどちらの弁にするか選択するためには、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解しておく必要があります。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。