尿酸値1上昇で高血圧リスク2割増…押さえたい「痛風知識」

「食欲の秋」は痛風にも注意
「食欲の秋」は痛風にも注意(C)日刊ゲンダイ

 痛風は夏に多いが、「秋にも注意」と専門家は指摘する。おいしいものが増え、夏に落ちた食欲が秋になると戻ってくるので、つい食べ過ぎに。それが、痛風発作の原因にもなる。押さえるべき痛風知識を、虎の門病院の桑原政成医師に聞いた。

 日本痛風・核酸代謝学会の認定痛風医である桑原医師は、循環器センター内科で診療を行っている。循環器の疾患で多いのは高血圧だ。「なぜ、循環器で?」と思うかもしれない。

「実は、高尿酸血症と高血圧は密接に関係しているのです」

 桑原医師は「日本人は血清尿酸値が1(㎎/dl)上昇するごとに、男性で18%、女性で25%高血圧を合併しやすい」と高血圧学会で報告し、注目を集めた。米国の12~17歳の追跡調査では、尿酸値5・5以上の人は7年後に2倍以上も高血圧を認めていた。

 理由はいくつか考えられている。尿酸値が高いと尿酸が血管に取り込まれ、動脈硬化を引き起こす。血管を収縮させるホルモンの分泌が腎臓から増える。尿酸ができる段階でキサンチンオキシダーゼという酵素が作用し、生じた活性酸素が血管拡張物質である一酸化窒素と結合することで、血管のしなやかさが失われる、などだ。

「高尿酸血症を合併する高血圧患者さんには、尿酸値に悪影響を与えない薬で高血圧の治療を行います。生活習慣の改善を併用しても尿酸値が下がらなければ、高尿酸血症の段階から薬物治療を始めた方がいいと思います」

 ガイドラインでは、尿酸値8以上で高血圧患者の薬物治療を勧めているが、これは主に痛風予防の観点からの提言だ。

「高血圧に合併する高尿酸血症は、脳心血管疾患のリスクとなることが明らか。痛風発作がなくても、尿酸値が7を超えたら薬物治療を考えた方がいいと思います」

 薬物治療では、尿酸値6㎎/dl以下が目標。

「6㎎/dl以下なら1年以内の痛風発作の再発率は15%。7㎎/dl以下では30%、5㎎/dl以下では10%未満です。無治療の人の再発率は1年で62%。2年で78%、10年では90%を超えます」

■40年ぶりに国内新薬が登場

 尿酸値を下げる薬には、酵素の働きを阻害して尿酸が作られるのを抑制する尿酸生成抑制剤と、尿酸の尿中への排泄を促進する尿酸排泄促進剤の2つのタイプがある。

 2011年には、40年ぶりに国内発の新薬が登場した。前者の尿酸生成抑制剤タイプだ。

「従来薬は代謝産物が体内に残って副作用を生じる可能性があり、腎機能が低下した患者さんには薬の減量が必要で、尿酸値が十分に下がらないこともありました。しかし、新薬は代謝産物が糞中にも排泄され、体内にほとんど残りません。腎機能が低下していても比較的安全に使えます。1回の服用で長時間効果が続き、尿酸値の変動が起こりにくく、痛風発作予防の面でも使いやすい」

 100万人近いといわれる痛風患者に対し、認定痛風医は約50人。患者のすべてがベストの治療を受けられているわけではない。自ら学び、動くことも必要かもしれない。

■痛風と高尿酸血症

 血液の尿酸値が7(mg/dl)を超えると、尿酸が血液の中で溶けきれずに、結晶になりやすくなる。関節などにたまった尿酸結晶がはがれ落ちると、激烈な痛みを伴う痛風発作を起こしてしまう。痛風発作がなくても、尿酸値7を超える状態を「高尿酸血症」という。高尿酸血症の段階から対策を講じれば、痛風の予防も可能となる。

関連記事