ニューヨークからお届けします

低糖&低脂肪で健康効果 南米で「薬用チョコレート」発売間近

カカオの健康効果に期待(C)日刊ゲンダイ

 チョコレートの主成分「カカオ」には、抗酸化物質、ミネラル、カルシウム、鉄分が含まれ、血圧を下げる効果などがここ数年、話題になっています。

 そして今回、「薬として摂取できる可能性のあるチョコレートがついに誕生した」というニュースがロンドンから飛び込んできました。

 カカオの抗酸化物質の含有量はブルーベリーの40倍といわれていますが、現在のチョコレートの多くは、砂糖と脂肪の割合が70%。薬どころか逆効果になる心配がありました。

 ところが、先日、ロンドンで行われた「世界チョコレート・フォーラム」で、こうした不安を解消する画期的なチョコレートが発表されたのです。ボストンとボリビアに本拠地を置くクカ・ソコ(Kuka Xoco)という会社が出展したチョコレートは、砂糖と脂肪の割合が市販品の半分の35%という低さ。

 ピュアなカカオは非常に苦味が強く、とても口にできるものではありません。そこで研究者のグレゴリー・アーロニアン(Gregory Aharonian)さんは、南米ボリビアとペルーに自生するコカの葉の抽出物を使い、その苦味をある程度取り除くことに成功したと発表しています。グレゴリーさんの目標は、さらに砂糖と脂肪を10%以下に落とすことで、今後さらなる研究を続けるそうです。

1 / 2 ページ

関連記事