医療数字のカラクリ

「肺がん」は1年半で90%死ぬ 「乳がん」は10%以上が10年以上生きる

(提供写真)

 先週の肺がんに続き、今回は乳がんの生存曲線を見ていきましょう。前回、取り上げた転移のあるステージIVの肺がんの生存曲線に合わせて、乳がんも遠隔転移のある最も進行した段階のステージIVを取り上げましょう。

 ステージIVの肺がん患者の半分が6カ月以内で亡くなるのに対し、ステージIVの乳がん患者は3年以内で半分の患者が亡くなります。同じステージIVといっても全く異なることがわかります。また、肺がんでは1年半で90%の人が亡くなり、5年以上生きる人は数%という状況でしたが、乳がんでは10年近くまでに80~90%の人が亡くなります。つまり、10%以上の患者は10年以上生きるということです。

 さらにステージIVの乳がん患者で印象深いのは、10年を過ぎると生存曲線がほぼ平坦になることです。転移があったとしても10%近くの人は15年、20年と生きるというわけです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。