愉快な“病人”たち

司会者 みのもんたさん (70) 脊柱管狭窄症 ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 腰痛に襲われたのは61歳。05年の3月末、ある日突然でした。朝起きようとしたら、腰に一瞬ビリッと電気が走った。紹介された民間の治療院などに行ったけど、腰の重だるさが消えない。

 今まで腰痛の経験がないものだから、腹筋が足りないと思ってジムで腹筋を鍛えていじめていたくらい。余計に悪化し、立っているのがますますつらくなってきた。

 最初に受診した2人の医師からは、椎間板ヘルニアと診断された。セカンドオピニオンまでヘルニアなんだから、病名はほぼ確定。「内視鏡手術なら入院も少なくて切り口も小さく済むかな」なんてことを考えていた。 それが翻ったのは、慶応義塾大学病院の当時の院長・村井勝先生のアドバイスでした。

 僕の体調が悪くなったら村井先生に「病気の交通整理」をしてもらえるように女房が道を整えておいてくれましてね。的確な受診科目と医師、検査項目を指導してくれるのです。その村井先生が「ボート部の後輩で、アメリカ帰りで腕の立つ腰痛の専門家がいるから」と紹介してくれたのが、福井康之先生でした。

1 / 4 ページ