愉快な“病人”たち

タレント 稲川淳二さん (66) 前立腺がん ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 3年前の9月。それは、夏の怪談話の東京公演の最終日でした。DVDの収録も兼ねていたので、怪談の本数を多くして立て続けに話したんです。すると途中でね、クラーッとしたかと思ったら、セリフが飛んでしまいました。その場はなんとか取り繕ったけれど、もう30回以上も話している内容なのに頭の中が真っ白。こりゃ高血圧のせいだと周囲が騒いだ。

 高血圧は30年以上のベテラン。高血圧の中年を集めたテレビ番組に出演したら、私が血圧200を超えていて誰よりも高血圧だったことがありましてね。そんな経歴があるから、周囲はすぐ高血圧を疑ったわけです。それで医者の友人に頼んで血液検査をしてもらったら、高血圧じゃなくて前立腺がんの疑いが出た。

 自覚症状は全くなかったけれど、60歳前から尿の切れは悪かったね。トイレで小便をしていると、70代ぐらいの人が「最近、年のせいで尿の切れが悪くて……」なんて話して出て行った。こっちはその間ずっと用を足しているんだから、イヤになっちゃうよ。

1 / 3 ページ