愉快な“病人”たち

お笑い芸人 中川パラダイスさん (33) 網膜剥離

(C)日刊ゲンダイ

網膜剥離の手術をしたのは昨年12月。「THE MANZAI」で優勝し、やっと仕事が増えると思った矢先でした。
「左目がほとんど見えへん」って嫁に話したら、嫁がもろもろ手配してくれ、1週間後に近くの大学病院に即入院。翌々日に手術をしました。「あと3日遅かったら失明」って医者から言われました。でもあれ、医者が恩売りたいだけちゃうか、と思うんですけど。

 実は3~4カ月前に左目の右上端に黒い点みたいなのができて、舞台の照明が左目だけやけにまぶしい。次第に見えない部分がだんだん広がってきて、見えないけれど光は通るので、舞台に立つと左目の奥が痛くなって。線もグニャリとゆがんで見えていたんです。僕、極端なめんどくさがりで、放っていたんです。

 網膜はレンズを挟んでさかさまに映像を映し出しますから、僕の場合、右上端の反対、左下端の網膜が剥がれていた。網膜の下端だったから、重力の助けもあって進行が遅かったそうです。

1 / 4 ページ