愉快な“病人”たち

棋士 先崎学 (44) 本態性高血圧

(C)日刊ゲンダイ

 うちは父が高血圧で、私もその血を継いで本態性高血圧(囲み参照)なんです。小学生の時から上が140(㎜Hg)ありました。

 おかげで、寝ざめは良くて、小学4年から米長邦雄先生のもとで住み込みで修業していましたが、早朝から掃除をし、登校という生活が苦にならなかった。

 よくお年寄りは「将棋は血圧に悪い」って言うんです。勝負に没頭して、特に負けそうになると頭に血が上る。僕も同じような状況が20代の頃にありましてね。対局に負けると、悔しくて眠れない。血が上るのを抑えるには血を抜くのがよかろうと、献血に行っていました。

 都内のホテルで過呼吸を起こして病院に運ばれたこともありました。指がしびれ、呼吸が速くなる。自分ではどうしていいかわからないので慌てました。医師は過呼吸は病気じゃないからと、そっけない対応でしたが。

 でも、息を止めればいいんです。逆のことをしているようで、本当に治まるのか不安ですが、ビニール袋を口に当て、呼吸をしていると落ち着いてくる。若い頃は体のコントロールの仕方がわからなかったんです。何回か体験し、呼吸の息苦しさ、手のしびれなど過呼吸の前兆がわかるようになって、自分で対応できるようになりました。

1 / 4 ページ