愉快な“病人”たち

日本ブラインドサッカー協会理事長 釜本美佐子さん (73) 網膜色素変性症 ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 50歳を過ぎた頃から、時々目が痛くなることがありました。目の奥がキリキリ痛んで、1時間ぐらいしたら治まる。思い起こすと、それが最初の自覚症状でした。

 目にホコリが入り、まばたきをしても取れません。眼科に行ったら、「網膜色素変性症です。いつの日か失明するでしょう」と診断されました。

 でも、当時の視力は1・2。「将来的に失明」なんて言われても、いまいちピンとこなかった。それからはドクターショッピングです。個人の専門医や大学病院などいろいろ受診しましてね。結局、見立ては同じ。これは受け入れるしかないと、腹をくくりました。

 診断されてから3年経ち、ふと手元を見ると、人さし指、中指、薬指の3本の指しか見えない。視界が狭まる“視野狭窄”に気づいた瞬間でした。視力は0・7だけど、視野は10度以下。53歳で、視覚障害等級の6段階のうち「3級」の認定を受けました。病気に気づいてから、ほんの数年で急速に病気は進行していたんです。

1 / 4 ページ