愉快な“病人”たち

講談師 一龍斎 貞水さん (74) ㊦

(C)日刊ゲンダイ

 肺がんは71歳の時に見つかった。たばこをやめて3年ほど経った頃で、やめない方がよかったのかと思ったよ。それで1回目の切除をしたんだけれど、また別の箇所に肺がんが見つかった。そいつが抗がん剤治療中に消えかかったら、また出てくる。ついたり消えたり、そんな電球の球じゃあるめぇし、っていうんだよ。それでもう一度切ることになった。

 前回は胸の前にちょっとの傷で済んだが、肺の3分の1を切除することになって、今度は背中の肩甲骨のところをザックリ開いた。背中の傷の痛みは、時代劇で背中を切られた芝居どころじゃなかったよ。

 肺の一部を失うってことより、しゃべれなくなるかもと言われたことに動揺した。呼吸困難で声を出せないかもしれない。芸人人生ここで終わりか、とね。

 いざ切除してみると、急に走ったりするとひどく苦しくて、日常生活はしんどいことも出てきた。ところが、本職の講談には全く問題なかった。声の出し方、息のつき方は体で覚えている。腹から声を出すから、肺が欠けても声量も変わらず、いくらしゃべっても何ともない。16歳から修業しとくと、なんとかなるもんです。

1 / 3 ページ