愉快な“病人”たち

講談師 一龍斎 貞水さん (74) ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 66歳で膀胱がん、71歳で肺がん、ついでに昨年は前立腺がんもやっつけて、高座を務められているのは私だけなんですよ。

 初めは膀胱がん。ちょうど人間国宝の認定を頂いて忙しかった頃、スイカの汁みたいな尿が出ることが時々あった。でもそんな尿が出る時は、前の晩に酒を飲んでいるし、周りの芸人仲間に言ったところで飲みすぎか、何か悪い遊びでもしたんじゃないか、なんて言うくらい。それから2、3年放っておいた。

 するとある日、シャーッと尿の出がいいと思ったら鮮血が出た。洋式便器だからたまった水の赤さがそりゃすごかったね。泌尿器科に行ったら、面白い医者で「立派ながんです。うちじゃ手に負えないですから大学病院を紹介します」と言う。

 たばこは若い頃から吸い始め、67歳までチェーンスモーカー。1日3~4箱は吸ってたね。酒は金が入ればいつでも。40代で胃潰瘍を患っても、生活を悔い改めることはなかった。潰瘍になったヤツはがんにならないって聞いているから、俺はがんにならないと思っていたんだよ。その話を医者に言うと、「潰瘍が悪化するとがんになるんです。バカ言っちゃいけません」って怒られました。

1 / 3 ページ