愉快な“病人”たち

料理研究家 重野佐和子さん (52) 大腸がん

(C)日刊ゲンダイ

 腸に異変が見つかったのは38歳の秋でした。日曜日の夕方、トイレで下血したのがきっかけです。かかりつけの内科医を受診すると、様子見で大丈夫だろうと言われたので、その時は1カ月ほど放置していたんです。

 当時は広告や雑誌など、料理の撮影が夜中まで続くのが普通。1日4食、しかも専門がフレンチだったので、バターたっぷりの料理ばかり。実は症状が表れる2~3年前から、食べると腹痛や吐き気、お腹が張るという症状はあったのですが、同業の先輩たちも同じような経験をしていて、加齢によるものだと思っていたんです。

 下血でまず思い当たるのは痔……。でも肛門科なんて恥ずかしい。ところが、馴染みのカイロプラクティックに行くと、「今すぐ、この足で専門医のところに行きなさい」と強く言われて。帰りがけに肛門科の予約を取りました。

 腸の内視鏡検査をすると、急に医師の顔色が変わり、周りがバタバタしだした。S字結腸にポリープがあり、出血している。よくない事態だということが伝わってきて、私はその場で気絶……。目が覚めると、大きな病院を紹介するからと、3つの紹介先から選ぶことを迫られました。

1 / 3 ページ