どうなる! 日本の医療

行政批判した医師が懲戒解雇 厚労省は病院に圧力をかけ言論封殺したのか

厚生労働省(C)日刊ゲンダイ

 100兆円に膨れ上がった日本の予算の3分の1を握る厚労省役人。日本の医療制度が大変革を迎える中、巨額な予算にあぐらをかき、テングになっていないか。

 マイナンバー制度を巡る汚職事件で、厚労省情報政策担当参事官室室長補佐が入札で便宜を図った見返りに賄賂を受け取り逮捕されたのは、周知の通り。最近、注目されているのが千葉県の有名病院の看板医師の懲戒解雇問題だ。亀田総合病院(本部・千葉県鴨川市)の元副院長で医師の小松秀樹氏(66)に聞いた。

「私はこの9月、病院を懲戒解雇になりました。形こそ病院の自主判断ですが、背景に厚労省の役人の言論封殺があったと考えています。これに対し検察への刑事告発を含め、徹底的に争うつもりです」

「医療の限界」「医療崩壊」などの著書がある小松氏は、厚労行政を厳しく批判してきた。新型インフルエンザ騒動で大量の事務連絡を連発して医療現場を混乱させたこと、医療機関から消費税損税(控除対象外消費税)を取り上げ、それを補助金としてばらまき、医療機関を支配しようとしたことなど批判は多岐にわたる。

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。