天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

TAVIの登場で生体弁を使うケースが増えた

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ただし、TAVIは大動脈弁の「石灰化」に対する治療法なので、最初に使った生体弁の劣化は、石灰化して硬くなる方向でなければなりません。石灰化する劣化ではなく、単純に弁が壊れて閉鎖不全を起こす形になってしまうと、TAVIは行えない場合もあるのです。心臓内の血流が逆流してしまう閉鎖不全は、心内膜炎など他の合併症も発症しやすくなります。生体弁は、必ず石灰化する方向で劣化してくれるのが望ましいのです。

 そこで、生体弁を生産しているメーカーは、近年、なるべく石灰化する方向で劣化していくような加工を生体弁に施しています。

 最初の手術で交換した生体弁は劣化が避けられませんが、将来的にTAVIが可能であれば、開胸手術を受けなくて済む患者さんの負担も少なくなります。弁が劣化した時、安全にTAVIにバトンタッチできるような壊れ方をするように取り組んでいるわけです。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。