医者も知らない医学の新常識

抗酸化サプリでがんが進行!?

抗酸化サプリにはマイナスの声も(C)日刊ゲンダイ

 人間の呼吸や代謝などの結果として生じる「活性酸素」は、遺伝子に傷をつけ、がんの原因のひとつとなっている――。これは、最近までやみくもに信じられてきた考え方です。

 そこから、体内の活性酸素を除去するような働きを持つ「抗酸化物質」は、がんの予防になるのでは……、という想定をもとに「抗酸化」がうたい文句のサプリメントが今ももてはやされています。

 皆さんのなかにも、「ビタミンC」「ビタミンE」「βカロテン」「葉酸」といった抗酸化作用が期待されるサプリメントを飲まれている方がいらっしゃるはずです。

 ところが、「抗酸化剤ががんに効く」というのは、少なくとも精度の高い臨床試験では確認されたことはありません。

 ビタミンCのがんに対する効果は、証明されませんでした。ビタミンEが前立腺がんを増やしたり、βカロテンを飲んだ方に肺がんが増えたりと、逆の結果も報告されています。活性酸素を除去すればがんは減るはずなのに、これはどうしたことなのでしょうか? 

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。