愉快な“病人”たち

歌手 丸山圭子さん (59) 卵巣嚢腫

(C)日刊ゲンダイ

 1995年の春、ちょうど離婚が成立した頃だった。生理の出血量がものすごく多くなり、男性に言うのもなんだけど、ナプキンが座布団状態。貧血気味で、体が重だるくて体調が悪く、自宅近くの玉川病院を受診したんです。

 すると、「すぐ(手術で)切らなくては駄目」とお医者さんに言われちゃって。卵巣腫瘍の一種、卵巣嚢腫が見つかったのね。10センチほどあり、悪性か良性かは、切って調べないと分からない。病院に行った時点で「何かあるだろう」と覚悟していたから、病名には驚かなかったけど、子供のことをどうしようと頭がいっぱいになりました。

 その時、次男が2歳。その子の父親である元夫とは別居生活4年、離婚調停2年と、なんだかんだと大変な状況を乗り越えて離婚に至ったの。別居中、子供は向こうと会っていたけど、離婚してからは会わせないようにしていた。

 だから、病気のことも元夫には知らせなかった。当時、母は埼玉在住だし、姉は大阪。長男は15歳だからなんとかなるとして、次男はまだまだ手がかかる時。子供の面倒をだれにお願いするか……。結局、親しくしていた長男のお友達の家族に全面的に協力してもらって、入院し手術を受けることにしたんです。

1 / 4 ページ