愉快な“病人”たち

プロレスラー 大仁田厚さん (56) 敗血症

(C)日刊ゲンダイ

 日刊ゲンダイにはさぁ、昔いろいろ書かれたんだよ。みんな、俺のこと、何書いてもいいと思っているだろ? でも、結構へこむんだよな。いちいち反論しないけどさ。

 敗血症で入院していた時も、俺の死亡記事をマスコミ各社が用意していたらしい。当時は病気のことは公表していなかったのに、どこで気付いたんだろうな。

 その敗血症だけど、ちょうど21年前の1993年2月、喉が痛くて寒けがして、ずっと風邪だと思っていたんだよ。病院で喉の中を切って膿を出してもらったら楽になったんで、予定通り鹿児島で試合に臨んだ。

 ところが始まってすぐ、息ができなくなり、リングが逆さまに見えるほど具合が悪くなった。試合を中断したかって? プロなんだから、そんなことするわけないだろ。チャンピオンベルトをかけた有刺鉄線試合。試合時間は20分くらいだったかな。もちろん、勝った。でも、試合後は呼吸困難で意識不明になり、鹿児島の病院に救急搬送されたんだ。

1 / 4 ページ