愉快な“病人”たち

元大関琴風・尾車部屋親方 尾車浩一さん (56) 頚髄損傷

(C)日刊ゲンダイ

 2012年4月、大相撲の福井巡業中のことです。会場の小浜市民体育館の入り口付近で、土俵の端のブルーシートに足を取られて転んでしまったんです。

 気付いたら、その場にいたみんなに囲まれていました。意識はあり、話せるのですが、あれっ!指先、いや、首から下全部が動かない――。

 救急搬送された先で分かったのは、頚髄損傷。ただ転んで首を打っただけで、まさか元力士の自分がこんなことになるなんて、思いもしませんでした。どうも現役時の古傷がある箇所で、そこが悪化した影響もあったようです。

 入院してすぐ弟子に携帯電話を耳元にあててもらい、東京のかかりつけ医に連絡。2日後、民間救急車で福井から東京まで9時間かけて転院しました。

 この病院には2日間いただけですが、尻にひどい床ずれができましたよ。ガーゼを交換すると、そこには血がベットリ。自分で尻は見えないから、俺の尻はどうなっているのかと思いました。

1 / 4 ページ