愉快な“病人”たち

作家 荻野アンナさん (57) 大腸がん ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 2012年の5月、血便が出て、すぐにかかりつけの病院を受診したら、S字結腸に5センチの大腸がんが見つかりました。2007年に彼(編集部注・十数年間連れ添った恋人)を食道がんで亡くした経験から、「大腸がんなんて切れば治る軽い病気」に思え、「これで休める」とホッとしました。

 この何年かで父、彼をみとり、大学の授業や連載に加えて3・11以降はエネルギー関係の取材などがあり、オーバーワークで突き進んできましたから。40代から介護うつで抗うつ薬も飲んでいましたしね。

 ただ、問題は要介護の母。母を家にひとり残せないので、医師に相談して、子連れならぬ“親連れ入院”しました。背中にリュック、両手に旅行カバン、さらに100円ショップで売っている大きな荷物袋を引きずりながら、母の車いすを押して大移動。母の部屋は私の2部屋隣。呼べば聞こえる距離です。

1 / 3 ページ