愉快な“病人”たち

漫才師 オール巨人さん (62) C型肝炎 ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 42歳の時、盲腸の手術がきっかけで、C型肝炎が判明しました。

 全く想像していませんでしたよ。原因についても、特に心当たりがない。一般的にいわれているのは、子供の頃の予防接種などの注射器の使い回しやけど、ほんまのことは分かりません。

 特に倦怠感などなかったんで、そのまま治療もせずに放っておいたんですが、2010年、かかりつけ医の先生に「そろそろC型肝炎の治療せえへんか? 今はいい薬も出ているし、お客さんは長くオール巨人の漫才を見たい思うてるんやないかな」と言われ、気持ちが変わりました。

 実は吉本に、C型肝炎から肝がんになり、すでに治療できないとこまできている先輩もおったんです。

 その方はそのまま芸人を全うしましたが、今の僕には選択肢があるとも考えてね。

 医師は、その場で肝炎治療の専門医に電話をしてくれ、治療の日どりがすぐに決まりました。僕のC型肝炎の遺伝子型は1a型。週1回のペグインターフェロンの皮下注射と経口薬による併用療法で期間は1年半。副作用の説明資料を読むと、恐ろしくて怯みましたけど、いい意味で考える暇がなかったんです。

1 / 4 ページ