愉快な“病人”たち

お笑い芸人 土田晃之さん (41)

(C)日刊ゲンダイ

 そんな腰痛とさよならできたきっかけは、2010年1月、友人のプロサッカー選手、名波浩の引退試合のオファー。

 ほかの出場選手は、キングカズ、ゴン中山、中田英寿と、Jリーグ草創期を支えたそうそうたる選手ばかり。いくら名波の友達といえど、ここに自分が参加したら差は歴然。4万3000人の前で公開処刑みたいなものですよ。
「サッカーファンとして観客席で見たい」と断ると、名波はどうしても出て欲しいと言う。そこまで言われたら仕方ないと思い、せめて当時93キロあった体重を減らし、ボールを触って走れる体にしようと思ったんです。

 都心のスポーツジムに通うなんて田舎者がカッコつけんなって思う性格なんで、トレーニングは自宅中心。上半身、下半身、ストレッチ、ビリーズブートキャンプと、日ごとにメニューを変えました。最初は腹筋20回もできなかったけど、次第に回数を数えるのが面倒になるほどまでこなせるようになりました。

2 / 4 ページ