家計簿を見れば病気がわかる

マヨネーズを愛しながら肥満が少ない鳥取

(C)日刊ゲンダイ

 少し目先を変えて、今回はマヨネーズの話をしましょう。

 マヨネーズをこよなく愛する人を「マヨラー」と呼びますが、テレビに出てくるマヨラータレントの多くが、かなりいい体格をしています。何しろマヨネーズの75%(100グラムのうち75グラム)は油脂。それを卵の黄身でどうにか固めて、味付けに塩と酢を加えただけのもの。シンプルなだけにおいしいのは確かですが、大量に食べれば太るのは当たり前です。

 そんなマヨネーズをこよなく愛する県が鳥取です。総務省の家計調査では2010年からマヨネーズが独立した調査項目になりました。それ以降、14年までの5年間で、1位に3回輝いています。しかも2位と3位が1回ずつ。ベスト3から滑り落ちたことは一度もありません。

 鳥取は14年の数字で、1世帯当たり年間4キロ近いマヨネーズを買っています。カロリーに直すと、何と2万8000キロカロリー。成人1人の2週間分に近いカロリーに相当します。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。