役に立つオモシロ医学論文

ビタミンDはアトピーに効く?

ビタミンDはアトピーに効く?(C)日刊ゲンダイ

 アトピー性皮膚炎は、空気が乾燥して皮膚も乾きやすい冬季に症状が悪化しがちです。

 冬季に悪化した経験のある2~17歳のアトピー性皮膚炎の患者さん107人(平均9歳)を対象に、「ビタミンDのサプリメントの有効性」を検討した研究が、米国アレルギー・喘息・免疫学会の専門誌(2014年10月号)に掲載されました。

 通常のスキンケアに加えて、ビタミンDを含むドロップを服用してもらう58人と、薬剤成分が含まれていないプラセボドロップを服用してもらう49人の2群をランダムに振り分け、1カ月後の皮膚炎重症度を比較しています。

 重症度はEASIスコアで評価しました。0~72点で、点数が高いほど重症です。

 その結果、EASIスコアはビタミンDを投与された群で6・5点、プラセボ群では3.3点減少。その平均差は3.2点と、統計的にも有意な改善を示唆しました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。