Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【大橋巨泉さんのケース】5度の手術は一貫して手術か放射線

大橋巨泉さん(C)日刊ゲンダイ

 がんとうまく闘っている方がいます。タレントの大橋巨泉さん(81)です。今秋の検診で左右の肺の間の縦隔にあるリンパ節に2つの腫瘍が見つかり、先月14日、リンパ節を摘出したと報道されました。2005年6月に胃がんで、胃を半分切除して以来、4度目の転移だそうです。

 経過は順調らしく、すでに退院し、先月30日にはがん啓発イベントに参加。「がんの治療の影響で変なかすれ声が取れない」と苦笑いしながらも顔色はよく、元気で、主治医には、「『大橋さんはついてる。手術で取れるところに飛んで(転移)いる』と言われた」と語っていたそうです。

 言葉通りに解釈すれば「運がいい」ということですが、運のよさだけではありません。これまでの5回のがんで選択された治療法を知ると、揺るぎない信念が感じられるのです。

 胃がんとは別にできた中咽頭がんは13年11月に摘出。その1年後には、今回と同じ縦隔リンパ節への転移が判明し、30回の放射線で治療。そして今年5月には、右肺への転移が見つかり、右肺の3分の1を切除しました。治療法は一貫して、手術か放射線なのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。