Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【番外編】マネーを考える

左上から時計回りに、北斗晶、つんく、今井雅之、川島なお美
左上から時計回りに、北斗晶、つんく、今井雅之、川島なお美(C)日刊ゲンダイ

 乳がんで闘病中のタレント・北斗晶さんが抗がん剤治療をスタートされたそうです。日本乳癌学会のHPによれば、抗がん剤の治療費は13万~68万円で、最新の分子標的薬だと、216万円に上ります。患者さんの自己負担は、サラリーマン世帯の場合、その3割とはいえ、決して少なくありません。手術後に「保険に入っていないと大変なことになっちゃう」と語っていたのも納得です。

 しかし、公的保険により、医療費の個人負担が重くならないような仕組みがあります。それが高額療養費制度。保険で受けた医療費が毎月一定額を超えると、超過分が還付される制度。毎月の上限額が決まっているのです。

 計算式は省きますが、たとえば標準報酬月額28万~50万円の方が、冒頭の乳がんの分子標的薬による治療を受けた場合、自己負担の限度額は14万9430円。病院の窓口で3割負担分の64万8000円を支払っても、通常は後日、限度額との差額49万8570円が還付されるのです。

 そんな制度があることから、民間の医療保険はいらないという考え方があります。自己負担限度額くらいなら、貯金でカバーできないことはありません。だとすれば、毎月の保険料をほかに使おうというのが“保険不要論”の根拠。

 理屈はもっともですが、がん患者の苦しい現状を知ると、保険は入っておくのが無難でしょう。俳優・今井雅之さんも女優・川島なお美さんも、それぞれ大腸がんと胆管がんで54歳で亡くなりました。北斗さんは48歳、喉頭がんを告白した音楽プロデューサー・つんく♂さんは46歳。皆さん、50歳前後。このことからも分かるように、がんは働き盛りに発症することが少なくないのです。

 厚労省の調査では、全がん患者約80万人のうち20~64歳が約26万人で、32%。仕事しながら通院している方が32万人に上ります。つまり、高額の治療費をやりくりするため、仕事を続けざるを得ない面もあると思います。

 それでも仕事を続けられる方は、恵まれている方かもしれません。がんと診断されたサラリーマンのうち、30%は依願退職し、4%は解雇されているのです。回答時に「勤務中」と答えた方は48%と、5割を切っています。自営業者の場合は、13%が廃業に追い込まれています。

 がんを患うと、働き続けるのが難しくなることがままあるのです。そんな実情を知ると、特に現役世代にとって、保険は必要といえます。

 国立がん研究センターの調査によれば、18歳未満の子供を持つがん患者は5万人を超えています。診断時の平均年齢は、男性46歳、女性43歳で、子供の平均年齢は11歳。小学5、6年生で、まだまだ教育費が必要な年齢です。北斗さんにもつんく♂さんにも子供がいて、この調査結果と見事に重なります。

 豪華なプランにすることはありませんが、がんに備えるシンプルな保険は必要だといえます。

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。