ニューヨークからお届けします

NY大付属病院が元消防士男性の「顔の全面移植手術」に成功

「男性の顔の全面的な移植手術に成功した」

 今月、ニューヨーク大学付属のランゴン・メディカルセンターが発表し、医学の大きな快挙として注目が集まっています。

 手術を受けたのは元消防士パトリック・ハーディソンさん(41)。2001年、消火中に落下してきた燃え盛る屋根の下敷きとなり、重傷を負いました。

 頭、顔、首のすべてにやけどを負っただけでなく、まぶた、耳、唇、鼻のほとんどを失い、その後、皮膚の移植など70回もの手術を受けましたが、目を閉じることもできず、食べたり話したりするのに非常な痛みを感じる毎日が続いていたといいます。

 彼に顔の移植手術を施したのはランゴン・メディカルセンター形成外科のエドワルド・ロドリゲス医師です。これまでの顔の移植手術といえば、ドナーからの鼻、皮膚、唇といった部分をそれぞれ縫って付けるものがほとんど。しかし、今回はドナーの顔から両耳、さらに頭全体を、まるでフードのように患者にかぶせるという画期的なものでした。これまで知られている症例はわずか数例しかなく、そのひとつは、同じロドリゲス医師が執刀した12年の移植手術です。

1 / 2 ページ

関連記事